Press "Enter" to skip to content

Weekly Business News [June 1 Edition]

The Japanese yen fell to a four-week low against the U.S. dollar on Wednesday, influenced by rising U.S. yields and renewed interest in carry trades. The dollar reached 157.41 yen, approaching levels that prompted possible intervention from Tokyo in late April and early May, albeit more gradually. Disappointing bond auctions and stronger-than-expected U.S. consumer confidence data for May further bolstered the dollar, exerting pressure on the yen and Chinese yuan.

The euro weakened after German regional inflation data showed low month-on-month inflation, despite higher year-on-year figures, causing the currency to dip 0.2% to $1.0838. It also declined against the pound, reaching 84.84 pence, its lowest level in almost two years. Despite recent declines, the euro is on track for a 1.6% rise in May, marking its first monthly gain this year.

The Nasdaq Composite surged to a new record, closing above the 17,000 mark for the first time, driven by enthusiasm over Nvidia’s impressive earnings report. The AI chipmaker’s shares jumped more than 20% in a week, buoyed by strong financial results and optimistic projections. Now, Nvidia’s market capitalization has surpassed $2.8 trillion.

水曜日、日本円は米国利回りの上昇とキャリートレードへの関心の高まりを受けて、対米ドルで4週間ぶりの安値に下落した。ドルは157.41円となり、4月下旬から5月上旬にかけて東京が緩やかではあるが介入する可能性があった水準に近づいた。国債入札が期待外れだったことと、5月の米国消費者信頼感指数が予想を上回ったことでドルがさらに上昇し、円と人民元に圧力がかかった。

ドイツ地域のインフレデータが前年比では上昇したものの、前月比では低いインフレ率を示したため、ユーロは下落し、0.2%下落して1.0838ドルとなった。ユーロはポンドに対しても下落し、84.84ペンスと、ほぼ2年ぶりの安値となった。最近の下落にもかかわらず、ユーロは5月に1.6%上昇する見込みで、今年初の月間上昇となる。

ナスダック総合指数は、NVIDIA の好業績報告への熱狂に後押しされ、史上初めて 17,000 ポイントを超えて取引を終え、新記録に急上昇しました。この AI チップメーカーの株価は、好調な業績と楽観的な見通しに支えられ、1 週間で 20% 以上上昇しました。現在、NVIDIA の時価総額は 2.8 兆ドルを超えています。