Press "Enter" to skip to content

Weekly Business News [May 25 Edition]

Britain’s annual inflation rate saw a sharp decline in April, dropping to 2.3% from March’s 3.2%, marking the lowest level in three years. But the decrease fell short of the expectations, tempering hopes for an interest rate cut by the Bank of England in June. This unexpected moderation in inflation suggests that the bank may maintain its cautious stance on monetary policy in the foreseeable future.

Speculation about potential adjustments to the Bank of Japan’s monetary easing policy has driven the key long-term interest rate to its highest level in 11 years. On Wednesday, the yield on the 10-year government bond briefly reached 1 percent, impacting housing and corporate loan rates. This marks the third consecutive day of rising long-term interest rates. The bank’s decision in March to end its negative interest rate policy and large-scale bond purchases has fueled market anticipation of further policy changes, which likely led to the surge in bond yields.

Some U.S. Federal Reserve officials indicated a readiness to raise interest rates if inflation becomes more aggressive, according to the last Federal Open Market Committee meeting. Despite recent cooler-than-expected inflation data, the meeting reflects persistent concerns about inflation. The Fed kept rates at a 23-year high of 5.25% to 5.5%. Officials suggested maintaining higher borrowing costs longer if inflation remains above the 2% target. Market expectations for rate cuts by the end of 2024 remained unchanged after the release of the meeting minutes.

英国の年間インフレ率は4月に急激に低下し、3月の3.2%から2.3%に低下し、3年ぶりの低水準となった。しかし、低下幅は予想を下回り、英国銀行が6月に利下げを行うとの期待は薄れた。予想外のインフレ抑制は、当面英国銀行が金融政策について慎重な姿勢を維持する可能性を示唆している。

日本銀行の金融緩和政策の調整の可能性に関する憶測から、主要長期金利は11年ぶりの高水準に上昇した。水曜日には、10年国債の利回りが一時1%に達し、住宅および法人向け融資金利に影響を及ぼした。これで3日連続の長期金利上昇となる。日本銀行が3月にマイナス金利政策と大規模な債券購入を終了すると決定したことで、市場ではさらなる政策変更への期待が高まり、債券利回りの急上昇につながったものと思われる。

前回の連邦公開市場委員会によると、米連邦準備制度理事会(FRB)の一部当局者は、インフレがさらに激しくなれば金利を引き上げる用意があると示唆した。最近のインフレデータは予想を下回っているが、今回の会合はインフレに対する根強い懸念を反映している。FRBは金利を23年ぶりの高水準である5.25~5.5%に据え置いた。当局者は、インフレが2%の目標を上回り続けるなら、より高い借入コストを長期間維持することを示唆した。会議の議事録の発表後も、2024年末までの利下げに対する市場の予想は変わっていない。