Press "Enter" to skip to content

Weekly Business News [April 20 Edition]

According to the latest estimates from the International Monetary Fund (IMF), global GDP is expected to grow by 3.2% annually from 2024 to 2025, maintaining the same growth rate as in 2023. This forecast was revised upward by 0.1% from the previous World Economic Outlook released in January, primarily due to improved economic projections for the U.S. Specifically, the IMF now forecasts U.S. growth to rise to 2.7% in 2024, up from the 2.1% projected earlier. Similarly, Russia’s growth forecast for 2024 has been increased to 3.2% from 2.6%

In March, UK inflation dropped to 3.2% from 3.4% in February. Anticipating a reduction in interest rates by the Bank of England later this year, investors on Wednesday nonetheless scaled back their expectations regarding the extent of these cuts.

国際通貨基金(IMF)の最新の見積もりによると、2024年から2025年にかけての世界のGDPは年率3.2%で成長すると予想されており、2023年と同じ成長率を維持することになった。この予測は、1月に発表された前回の世界経済見通しから0.1%上方修正され、主にアメリカの経済見通しの改善が理由となる。IMFは現在、2024年のアメリカの成長率が以前の2.1%から2.7%に上昇すると予測している。同様に、ロシアの2024年の成長予測も2.6%から3.2%に引き上げられると予測している。

3月には、イギリスのインフレ率が2月の3.4%から3.2%に低下した。英国銀行が今年後半に利率を引き下げることを予想しながらも、投資家は水曜日にこれらの引き下げの範囲についての期待を縮小した。